情報と言うのは、自分で調べることができても、面倒でそういった行動を取らないこともあります。
ですから、お店側から情報を提供してくれるというスタイルはとても助かります。

普段から気になっていて頭の片隅にあったことが、ある時お店の前を通ったら
のぼり旗や看板が目に入り、それが急激に気になったりすることもあります。

例えば、貼り紙やボード、のぼり旗などが店先にあると、お店のメニューや内観がイメージできて、
検討しやすくなるためとても便利です。

特に飲食店の場合は、中の様子は入ってみなければわからないので
勇気が必要な時もあります。そういった場合にも、店の前ののぼり旗に

個室はあるのか、分煙はされているのか、今実施されているお得なキャンペーンはあるのかなど、
一言そういった情報が書いてあるだけで印象はかなり良くなります。

B級グルメ

ちなみに、こういったお得感をアピールするアイテムとしてのぼり旗は非常に効果的と言えます。
と言うのは、貼り紙などと違い、視覚的に確認できる範囲が広いからです。
また風などにはためくと、人は動くものに目がいってしまうため、無意識に気を取られます。


お店の前で呼び込みのためにスタッフを立たせている様子をよく見かけますが、
「暇そう」や「つかまったら入らざるをえなくなる」といったマイナスイメージも強いため
のぼり旗でのアピールの方が効果的だと考えられます。

独特な形状が色々な角度から情報を認識しやすくしている所がのぼり旗の優れている所で、
カラフルなデザインとも相まって、興味をそそり魅力的でもあります。

お肉

レストランや焼肉屋などで、のぼり旗を使って価格や国産の表示でアピールすると、
インパクトもあり、利用者にとっても安心材料となることがあり便利です。

 

サイトマップ