のぼりの基本知識

のぼりを使うか使わないか。これはお店の立地や業種にもよるようです。

というのも、のぼりにはちょっと大衆的なイメージがありませんか?
「セール」や「大安売り」といった内容ののぼりを目にする機会が多いからかもしれません。

 

あの風にひらめく軽やかな素材感や色使いにも原因があるかもしれません。
とにかくのぼりというと大衆的で安価なイメージを持っておられる方も多いようです。

ですので、業種や店舗によっては、のぼりを使わないというよりも、論外だと考えている場合もあるようです。

 

確かに、のぼりは取り扱う商品や店舗のイメージによって向き不向きがあるといえます。

高級感溢れるフランス料理のお店が店先にのぼりを出しているよりは、
街の洋食屋さんのようなところがのぼりを出している方がイメージに合うような気はします。

洋食屋ののぼり旗

 

ですが、もしあなたのお店がのぼりを活かせるようなら利用しない手はありません。
というのも、のぼりには実は大きな効果があるからです。

 

のぼりには、イベントの告知だけでなく、店舗の存在を知らせるという役割もあるのですから。
イメージにとらわれず柔軟にその用途を開発していくことが重要です。

 

また、最近ではのぼりのデザインやカラーも大変バリエーションが増えました。
こんな使い方、こんなデザインがあったのかと思わせるのぼりが作れたたら、
それこそこっちのもんです。

 

安いイメージやセールイメージというのはあくまでも固定観念。
見せ方によりいろいろと特に看板とは違う働きに注目してください。
動きがある看板と考えるといいかもしれません。

 

あるいは、店主の代弁者とも。それほどのぼりは雄弁です。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

クルマ屋さんの新車種のお知らせにも有効的


近年、どのような業界においても、自社製品などのアピールをする事は非常に大切になります。
また、製品だけではなく、その製品を売る為の一つの手法として、イベント等を土日に開催したりなど
その店舗やサービス内容に応じて、様々な形で宣伝などをして人を集め、そこから売上や
利益に繋がる製品を知ってもらい、購入するきっかけを作るというこの流れが非常に大切になります。

 

しかし、郊外や道路沿いに多く建てられるクルマ屋はこの、宣伝する手法に工夫が必要です。
例えば、新車種などの披露会の時に、新車種が発売されることを印字したのぼりなどを準備して、
店頭や道路沿いにのぼりを立てて、道行く人への関心や興味を引き出す事が非常に重要です。

のぼりで興味を引く

特に主要道路側にのぼりをたてることで、車などからもこののぼりが見えるので、印象に残りやすいです。
目立たせるための色使いや配置など工夫を凝らせば、多くの人から見てもらえるため
広告代わりには最適なアイテムになります。

 

のぼりに、アピールしたい商品名を書くこともとても効果的です。
買い換えや新規購入を考えている人にとって、自分が視野にいれていた車の販売が始まったと分かると、
時間ができたら話だけでも聞きにいってみよう、という気持ちにもなるかもしれません。

 

あるいは、新しく始まったサービス内容を記載するのも良い宣伝になるでしょう。
安く作れるにも関わらず、工夫次第では大きな効果を発揮するのぼり旗をぜひ活用してみてください。

 

 

 

Copyright c  2022-2023 広告のぼり旗が未来を左右する All Rights Reserved.