のぼり旗を長持ちさせるためには、屋外に出しっぱなしにしないで、使わない時には建物の中にしまっておくことが大切です。

持ち運びしやすいアイテムですから、しまうのは大変なことではありません。
noboribataは、持ち運びするのが楽なアイテムですから、色々な場所に持っていって使うことができるという便利さがあります。

屋外で使用
普段は自分が運営しているお店で使って、出張イベントの時に持っていって現地で使うといったこともできますので、とても便利です。

なお、こういった持ち運びできるのぼり旗を長く使っていく場合、できるだけ長持ちさせたいと考えることもあるでしょう。
持ち運びできるのぼり旗を長持ちさせる方法として一番効果的なのは、なるべく使わないことですが、これではのぼり旗の意味がありません。

しかし、ヒントはここにあります。ムダなタイミングで使わないようにするのです。これはどういうことかというと、のぼり旗というのは、持ち運びがしやすいとはいえ、一度しまったら、再度使う時にはまた設置しなければなりません。
これが面倒くさいと思い、出しっぱなしにしておくという人もいるのではないでしょうか。

出しっぱなしにしているのが屋内であればまだしも、屋外の場合には雨や風にさらされて、ダメージを受けることになります。
こういった使い方をしてしまっては、長持ちさせることはできません。また注文して手に入れるとなると面倒ですしお金もかかります。
ダメになったのぼり旗はゴミにもなってしまいます。

ですから、面倒くさいものですが、なるべく外に出しっぱなしにするといった使い方をしないことが大切です。持ち運びしやすいアイテムなのですから、屋内保管はしやすいものです。

 


 

サイトマップ